MENU

プリウスが事故にあってしまった!

 

事故を起こしたプリウス

 

「電柱に衝突して、動けなくなった」
「オカマを掘られた」
「台風で水没して、動かなくなった」

 

結論から言うと、買取は難しいです。

 

「なんだ!やっぱり、無理じゃないの!」

 

諦めないでください!!!!

 

実は、プリウスを含め日本車は海外で人気があり、輸出専門の業者が欲しがるケースが多々あります。

 

また、国内でもプリウスの”修理用のパーツ”として再利用するケースもあります

 

※ちなみに、アフリカ&東南アジアは日本車だらけです(汗)

 

じゃあ、どの業者へ売ればいいの?

 

「とはいっても、どうやって買取店探しをすればいいの?」

 

  • 買取店探しが面倒くさい
  • そもそも、事故車を取り扱っているお店がどこかわからない

 

など、面倒&手間がかかります。

 

そこで、無料の一括査定サイトで、まとめて複数の買取店へ見積・査定依頼することで、たった1分で解決します!

 

※一括査定サイトの中でもカービューは事故車の取り扱いを得意としております。

 

利用料金は無料ですし、万が一、買取できない、となった場合でも費用はかからないため、ご安心ください。

 

カービュー※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@事故車・不動車などの買取OK!
A最大8社に一括見積可能
Bスマホ&PC入力可能※1分

 

【公式サイトはこちら】
→kaitori.carview.co.jp

 

 


 

トヨタ・プリウスの特徴&魅力をご紹介

 

トヨタ・プリウスは、トヨタ自動車の人気車種で全世界で圧倒的な支持を集めています。

 

プリウスの最大の特徴としては、世界で初の量産化ハイブリッド車種である事です。近年では、様々なハイブリッド車種が登場していますが、中でも最も歴史があるのがトヨタ・プリウスとなっています。

 

プリウスの魅力としては、燃費性能が優れている点です。発売当初からハイブリッドという事で燃費は優れていましたが、2017年現在では更に燃費性能が良くなっています。

 

他社のハイブリッド車種と比較しても最高クラスの燃費性能を誇ります。地球環境に優しい点もトヨタ・プリウスの魅力です。

 

平成17年の排出ガス基準を75パーセント低減レベルを取得しており、排出ガスが非常に少ない車となっています。

 

近年、温暖化が世界的に問題となっていますが、地球に優しいエコカーとなっています。更に走行時の音の静かさがプリウスの魅力です。

 

EVドライブモードで走行時には、静粛性が優れており快適な車内空間となります。閑静な住宅街の中を走行する場合でも安心出来ます。

 

耐久性も従来の車種と比較しても遜色がありません。静かで快適なドライブが楽しめる魅力がトヨタ・プリウスにはあります。

 

 

TOPへ

 

 

車査定よくあるQ&A

 

車買取で売却の際に必要な書類一覧

 

車買取店を通してクルマを売却する際の手順を簡単に説明すると、
まず査定してもらって買取価格を出してもらいます。その提示された買取価格に納得すれば、契約書にサインをして売買が成立することになります。

 

売買が成立した後は、必要書類を揃えて提出する必要があります。

 

主な必要書類として、

  • 自動車検査証
  • 印鑑登録証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 実印※軽自動車は普通の印鑑でもOK
  • 振込口座情報
  • リサイクル券(預託済みの場合)

 

などがあります。

 

印鑑登録証明以外は、通常クルマのダッシュボードの中に保管しているものなので特に問題はないはずです。

 

もし紛失してない場合はすぐに再発行してもらう必要があります。

 

また、注意が必要なのは自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が違う場合です。引っ越しをした場合にこのケースが起こります。

 

この場合は住民票が必要になります。印鑑証明書と一緒にもらえば良いでしょう。

 

ただ、複数回住所変更をした場合は、少し面倒になります。その引っ越しした住所がすべて記された証明書が必要になってくるからです。

 

これは戸籍の附票と呼ばれるもの、または住民票の除票と呼ばれるものを提出することになります。なお、結婚などで姓が変わっている場合も、戸籍謄本が必要です。

 

車買取 VS 下取り どっちがオトクなの?

 

車買取と下取りではどっちがオトクかはケースバイケースですが、多くの場合には車買取が有利となります。

 

車買取は買取した車を売って利益を出すことが目的であり、それだけ販路が充実しています。

 

販路が充実しているということは、高く売ることができるということであり、高く売ることができるということは高く買うことができるということになるのです。

 

それに対して下取りは、どちらかと言うと車を買い換えるためのサービス的な側面が大きく下取りをした車を売って利益を上げることを目的としていません。

 

そのため、高く売るためのルートがないケースが多く高く売れないので高く買うことができないということになり、車買取よりも査定額が低めになってしまうということが多いのです。

 

ただし、乗り換えのためのサービスのひとつということもあって、車買取では値がつかないような車でも値引きの代わりに値段をつけてくれるということがあるため、端から高値で売ることが期待できない車やそもそも値がつくかどうかも怪しい車お場合には下取りのほうがオトクになることがあります。

 

自身が所有している車の価値をよく考えて、車買取と下取りではどっちがオトクかを考えて利用する方を選ぶと良いでしょう。

 

 

車のキズや凹みは修理してから、買取店へ査定依頼したほうがいいの?

 

車の買取りをしてもらうとき、車にキズや凹みがあるため査定がマイナスになってしまうのではないかと考えがちです。

 

そのため車のキズや凹みあったら修理をしてから査定をしてもらったほうが、査定額がアップするのではないかと考えます。

 

しかし車のキズや凹みを修理するときは、それほど安い金額では修理ができないことが多いです。特に古い車の場合は塗料が廃盤になってしまったり、修理をしなければならない部分が広かったり複雑な場所になっている場合は、お金も時間もかかってしまいます。

 

そのため、車のキズや凹みがあったとしても修理をせずに、査定をしてもらうことをおすすめします。

 

査定をするときは、車のキズや凹みを隠さずに行ってもらうことが大事です。隠してしまっても、買取り業者はしっかり細部まで点検をしますから、隠したことが判明してしまうと、他にも隠していることがあるのではないかとみなされることがあります。

 

そのため査定を受けるときは、ありのままの状態を見てもらうことが大事だといえます。

 

そして買取り業者は、買取りをしてから修理を行って販売をしていますから、買取りをしてもらうときに車のキズや凹みがあっても気にする必要はありません。

 

車買取の一括査定サイト@メリットとデメリットは?

車を売る場合は主にディーラーを通して下取りをしてもらうか、買取専門店などに買い取ってもらうかの2通りから選ぶことになります。

 

一般的に下取りよりも買い取りのほうが高く車を売ることができると言われていますが、高額買取に大きく貢献しているのが車買取一括査定サイトの存在です。

 

車買取一括査定サイトというのは、簡単な手続きだけで複数の買取業者に対して一括して査定の依頼を出すことができるサイトのことを言いますが、
複数の買取業者から一括して査定してもらうことには単独で査定してもらったり、ディーラーに下取りに出すのに比べて査定額が高くなりやすいというメリットがあります。

 

その理由は複数の買取業者同士を競合させることができるので、競争原理により通常よりも高値の査定額が飛び出しやすくなるからです。

 

また複数の査定額を一斉に見比べることができるので、簡単に最高値の業者を選ぶことができるのも大きなメリットと言って良いでしょう。

 

車買取一括査定サイトのデメリットとしては、複数の買取業者と交渉しなければならないということです。

 

手間と時間がかかるだけでなく、精神的にも負担感が大きくなってくる可能性があります。また新車の納車日に合わせて買取のタイミングを合わせることが難しいこともデメリットとなります。

 

自動車の事故歴と修復歴の違いは?

中古車の購入や売却を考えるときに事故歴や修復歴という言葉を耳にします。

 

事故や修復が無いに越したことはないですが、どうしても付いて回ってきます。そこで事故歴と修復歴の違いと対処方法について説明します。

 

まず事故歴とは文字通り事故を起こした車です。といっても症状は様々あって、ちょっと追突されて少しだけ凹んだとかキズが付いただけのもあれば、
自走できないほど大破してしまったものもあります。自走できないほどになった車はいわゆる事故車と呼びます。

 

修復歴とは、事故歴と関係なく自動車の骨格部分が歪んで修復や交換、フレーム溶接をしたものがこれにあたります。

 

骨格部分にダメージがあると、見た目は綺麗に修復されていても、一旦変形してしまった車体を元通りにするのは難しいことなので、修復歴のある車は査定額が大幅に下がります。

 

 事故はしていてもフレームまでは損傷していない場合、綺麗に修復をしておけば査定に影響することはありません。

 

売却の時に事故歴は伝えづらいものですが、整備士が見れば黙っていてもわかります。逆に修復歴と思われてしまうと査定額が下がってしまうので、
「事故はしたけどフレームは大丈夫でバンパーの交換だけですみました」と話すのが良いでしょう。

 

中古車購入のときにも参考になることなので、この違いを覚えておいて下さい。